戻る

美濃 - 岐阜県美濃市

美濃紙商の町家に招かれる 美濃商家町

1,300年以上の歴史を誇る美濃和紙を全国へと流通させることで、かつて隆盛を誇った美濃町。
平入の町屋が連なる街並みには、紙の商人たちが自身の繁栄を示すため、競って高くしていったと言われる「うだつ」が今も残っています。

美濃紙商を代表する「旧松久才治郎邸」は、100年以上の歴史ある数寄屋風を配慮して作られた隠居家。茶人としてのこだわりが随所に見られ、人を招き、もてなす当時の紙商の豊かさと心意気が実感できます。和紙の里に赴き、ユネスコ世界遺産に登録された手漉和紙技術を持つ職人と語らいながら、自分自身の手で世界に一つの和紙を漉く。1,300年の間、継承されてきた和紙文化の本質を体感できる贅沢な経験。江戸・明治の文化人であった美濃紙商の町家にお招きし、美濃の歴史文化に溶け込むような体験を提供しています。

NIPPONIAの役割

  • 地域計画
  • 事業計画
  • 開発マネジメント
  • 資金調達支援
  • 事業者誘致
  • 建設計画・設計
  • マーケティング・PR
  • 運営支援

このプロジェクトのポイント

地域企業と共に実現したプロジェクト

機械抄き美濃和紙メーカー「丸重製紙」と株式会社NOTEにて合弁会社「みのまちや株式会社」を立ち上げ、事業主体となっています。

地域資産を中心とした新たな観光体験の創出

ユネスコ無形文化遺産である「本美濃紙」を観光コンセプトの軸としています。和紙の里での手漉き和紙体験を中心に、和紙を活用した活版印刷など、ものづくりを楽しみ、和紙の魅力を体感する体験プログラムを創出しています。また、「旧松久才治郎邸」では障子や壁、布団のシーツなど至るところでふんだんに美濃和紙を活用しています。

行政との連携

美濃市が地域から寄付された「旧松久才治郎邸」をみのまちや株式会社にてお借りしています。そして、みのまちやが資金調達したのち改修を行い、宿泊施設に生まれ変わらせています。行政は地域のシンボル的な建物を民間で活用させることができました。

美濃町の住民によるおもてなし

集落丸山などと同様に「地域運営方式」を採用しています。移住者の夫婦が中心となり、地域住民と連携して日々の運営を実現しています。

本地域に関連する施設などのご紹介

NIPPONIA 美濃 商家町
美濃町にある地域を代表する建物「旧松久才治郎邸」を宿泊施設としました。ご予約も上記webサイトから行っていただけます。

和紙専門店Washi-nary
「旧松久才治郎邸」の敷地内にある「クリエイターのための和紙クリエイターによるクリエイターズショップ」です。ワインの世界を楽しむように和紙の世界を楽しんでいただけます。

NIPPONIAが実現したこと

  • 地域運営方式
  • 地域資産の観光への活用
  • 地域のためになる官民連携
  • 東海地方初となるNIPPONIA

Photo Gallery

このエリアの個別プロジェクト

NIPPONIA 美濃 商家町 旧松久才治郎邸

和紙の原料問屋を営んでいた「松久才治郎」が賓客をもてなす別邸として、明治後期から大正初期にかけて建設したと伝えられています。才治郎が商品である楮(こうぞ)を仕入れる為に鉄道の切符を買うと、楮の相場が動いたという逸話が残っている程に影響力の大きな商人でした。建物からもそうした様子を窺い知ることができ、銀行員が常駐していたという一軒家程の金庫蔵、継ぎ目のない廊下板など様々な部分から当時の繁栄を感じることができます。