戻る

篠山城下町 - 兵庫県篠山市

分散型ホテルの出発点 篠山城下町

城下町全体をホテルに見立てて、ホテル機能を町に分散配置する「城下町ホテル構想」を構想したのは、集落丸山の事業化と同時期ですから、ノオトを設立した2009年頃だったかと思います。

当初は、空き家となった町家を改修して、ギャラリーやカフェ、雑貨店、工房、レストランなどを整備していきました。県当局のキビシイ対応で断念してきた分散型ホテルを実現するため、国家戦略特区に事業提案したのが2013年、特区事業者に認定されたのが2014年、ホテル開業が2015年10月です。その後、2017年に旅館業法が改正され、今では特区でなくても分散型ホテルの事業展開が可能となっています。

NIPPONIAの役割

  • 地域計画
  • 事業計画
  • 開発マネジメント
  • 資金調達支援
  • 事業者誘致
  • 建設計画・設計
  • マーケティング・PR
  • 運営支援

このプロジェクトのポイント

古民家の活用

空き家となって荒れている古民家(負の遺産)が、改修して活用することで「地域資源」となる…この価値反転が町に活力をもたらします。ひとつひとつの現場を丁寧に造っていくことで町が少しずつ変化していきました。

クリエイティブクラス

時間を湛えた空間はクリエイティブな人材(料理人、工芸作家、デザイナーといった現在の職人たち)を呼び込みます。彼らは、その土地に基づいて、その土地に新しい価値を持ち込みます、新しい風を吹かせます。

規制緩和

建築基準法や旅館業法など法律の壁と10年に渡って対峙してきました。法の抜け道を探して擦り抜けることはしませんでした、そうすると制度を変えられないからです。社会の良き改革を実現するには正面突破(王道)です。10年かかりましたが。

本地域に関連する施設などのご紹介

篠山城下町ホテルNIPPONIA
篠山城下町に点在する宿泊施設としました。ご予約も上記webサイトから行っていただけます。

NIPPONIAが実現したこと

  • 分散型開発、分散型ホテル
  • 国家戦略特区による規制緩和と旅館業法の改正
  • 400年の歴史に溶け込むように泊まる
  • クリエイティブ人材の地方回帰とネットワーキング
  • ファンド方式、地域オーナー方式の導入
  • 歴史地区の再生、地方創生

Photo Gallery

このエリアの個別プロジェクト

篠山城下町ホテルNIPPONIA ONAE

銀行の頭取の邸宅だった明治期の建物です。お住いされていた6代目のT氏のご相談に仲良く5年間お付き合いして、最終的にお譲りいただきました。他の事業者に売却すると屋敷が潰されてしまうことは6代目も理解されていました。篠山城下町ホテルNIPPONIAの旗艦棟(客室5室+レストラン)で、分散型ホテルのフロントもここにあります。

篠山城下町ホテルNIPPONIA SAWASIRO

篠山生まれで現在は神戸在住のNさんからお譲りいただいた明治期の町家です。ONAE棟とともに、ファンドと銀行融資の民間資金だけで取得・活用しました。地方都市の古民家を民間で活用できることを証明したことになります。3室の客室がありますが、旧山陰街道に面した土間を厨房付きのチャレンジショップにしています。現在は里山料理「まえ川」が営業しています。

篠山城下町ホテルNIPPONIA NOZI

近隣に在住のNさんからお借りしている江戸末期の町家です。一棟貸し×2棟の宿泊施設で、伝建地区である河原町の東端に位置しています。

篠山城下町ホテルNIPPONIA SYOUZI-AN

世界のプロダクトデザイナー喜多俊之さんが空間デザインを行なって、2016年に追加した1室、喜多さんが関わる伝統工芸品を展示販売する「篠山ギャラリーKITA’S」の2階にその客室はあります。

篠山城下町ホテルNIPPONIA SION

篠山生まれで現在は大阪在住のNさんからお借りしている昭和前期の民家です。改修はNさんがご自身で実施しました。一棟貸しの宿泊施設としています。伝建地区の河原町、藩窯であった王地山陶器所に近接しています。

篠山城下町ホテルNIPPONIA YOMENA

過去に写真屋・呉服屋などが入居しており、その後、虚無僧が住んでいました。一棟貸しにて提供しています。

篠山城下町ホテルNIPPONIA NOKON

大正期に建造された民家で、ノオト代表金野がこの建物を守るために自ら居住していました。堀の向かいに位置し、篠山城跡から一番近い客室です。

このエリアの関係者より

“幼いころから見慣れていた地域の代表的な大型古民家が、情緒あふれるホテルとして見事に生まれ変わり、町並みに新たな魅力と活気が生まれています。私たち住民も一緒になってお客様を笑顔であたたかくお迎えし、地域ならではの隠れた魅力もたくさん味わっていただける機会ももっと増やしたいと思っています。”

今村俊明さん

篠山市西町 自治会長
城下町・兵庫県篠山市

“篠山に来て思うことは、ここに住む人々にとって日常の景色となっているものが、お客様にとって非日常であり、感動を生むものだということです。このまちの魅力をこれからもたくさんのお客様に伝え続けていきます。”

沖田美咲さん

篠山城下町ホテル NIPPONIA 支配人
城下町・兵庫県篠山市

“江戸後期に建てられた古民家をなるべくそのままに活用し、通りの旧山陰道をテーマに、京都・篠山・山陰で作られた雑貨や工芸品を販売しています。素朴な板の間のカフェでゆっくりとした時間もお過ごしいただけます。”

細谷享弘さん

BREATH&ROY 店主
城下町・兵庫県篠山市

“丸山のプロジェクトを手伝ったことがきっかけで、「息子が跡を継ぐ」と言ったこの時のことは忘れられない。古民家を残すことは、建築士や職人達の技術も継承していくということ。篠山を若い職人が育つまちとしていきたい。”

岡田常彦さん

岡田工務店 代表
兵庫県篠山市