SASAYAMA STYLE BREATH&ROY

戻る

忘れていた感覚を取り戻すセレクト雑貨ショップ

築100年を超えるような古い町家が残る、篠山城下町の旧街道沿い。その中に、暖かい光を灯す店がある。満月のような照明に誘われて足を踏み入れれば、そこには手作りの温もりに包まれたさまざまな品物が並ぶ。思わず夢中になって店内を歩き回り、ふと、顔をあげると目に飛び込んでくるのは中庭の鮮やかな緑。そんな中庭から店内に向かって心地よい風が吹き抜け、涼やかな風鈴の音が耳に届く。その瞬間、気持ちがふっ、とゆるんでいく。今回紹介する「SASAYAMA STYLE  BREATH&ROY」は、そんな場所だ。


左)中庭に続く窓から店内を覗く。店を照らすまあるい照明は、夕方、外が暗くなるに連れて存在感を増していく。「建具越しに見る雨がいいんだ」というのはオーナー細谷さん談。
右)現在の店舗の外観。軒が少し低くなっているので入るときには気をつけて。全てを綺麗に直すのではなく、当時の壁や柱はそのまま残しながら改修しているので味がある。

BREATH&ROYは築150年の町屋を改修したセレクト雑貨店、兼、コーヒーやビールも楽しめるカフェである。オープンしたのは2017年の4月。今でこそ古き良き空間そのものであるこの店も、実は改修するまで約20年間空き家だった。
「初めて物件を見た時は家財がそのまま残っているし、壁は崩れている、床は抜けている。それに家の中なのに水たまりがあったの」
そう言って笑うオーナーの細谷享弘(ゆきひろ)さん。そんな状態だったが、一目見た時から「ここはおもしろそうだなぁ」という直感があり、迷わず購入。10ヶ月かけてゆっくりじっくりと、思い描く店の形をつくりあげていった。

店に並んでいる品々は「手作り」にこだわる細谷さんが、直接、職人やメーカーから仕入れている。江戸時代、京と山陰を結ぶ交流地点だった篠山の、当時の人の流れ、物の流れをコンセプトに、京都、篠山、山陰地方で作られたものを主に扱っているというが、その物語性だけでも充分に惹かれてしまう。


築100年以上の町屋の空間にすっと馴染む手作りの品々。「若い方、年配の方、どちらか一方に偏らずバランスを取るのだけ間違わないように」店に置く品物を決めているという。そのバランスが絶妙だ。

「今は、物を買いたいだけならネットで何でも買える時代でしょ。手作りの工芸品だって、都会のデパートでも売ってたりする。時代も進んで、物流も進んで、何でも手に入る時代になった。でも、人はそれだけじゃ満足しない。その空間に身を置いて、感じたい、って思うんだよ。だから、わざわざ篠山に来て、ここで買う意味があると思う。この空間で、一息つく意味があると思う」


ここではちょっとした飲食も可能だ。城下町散策に疲れたら、ほっと一息コーヒーを。ビールで喉を潤しても良い。暑くなってきたらかき氷もおすすめだ。

ただ、物を売るだけではない。見えるもの、聞こえるもの、口にするもの、そしてそこから感じ取るもの、ほぼ全てが都会とは違うこの場所で、篠山だからこそ手に入るものを持ち帰って欲しい。そんな思いが、BREATH&ROYの空間をつくり上げている。


名称:SASAYAMA STYLE BREATH&ROY
業種:手作りにこだわったセレクト雑貨店&カフェ
URL:http://breathroy.jp/
住所:〒669-2342 兵庫県篠山市西町16-1
TEL:079-506-9195
営業時間:9:00-18:00
定休日:火曜日(その他不定休あり)
アクセス
<お車でお越しの方>
舞鶴若狭自動車道の「丹南篠山口インターチェンジ」から篠山城、西町方面へ約10分
※近隣に篠山市市営西町駐車場(1時間無料/お店まで徒歩2分)があります。詳しくはお店にお尋ねください。
<電車でお越しの方>
JR福知山線「篠山口駅」より神姫グリーンバスで約15分、「篠山本町(誓願寺)」下車、徒歩2分

小栗 瑞紀

生まれも育ちも神奈川県横浜市。就職を機に篠山へ移住し、人生初の田舎暮らしを全身で満喫中。株式会社NOTEに勤務。仕事を通して日々古民家に関われる幸せを噛み締めている。将来は縁側のある家に住みたい。