About us

組織情報

私たちの想い

NIPPONIAの思想

なつかしくて、あたらしい、
日本の暮らしをつくる。

羅針盤なき時代。本当の豊かさとは何か。豊かに生きる、豊かに暮らすとはどういうことか、そのことを誰も知りません。

私たちは、これまで、ひとつひとつの現場に立って、先人の知恵に学びながら、「日本の暮らし」の豊かさについて考えてきました。そして、仕事や経済の概念を、文化や観光の概念を、まちづくりや開発の概念を、これからの時代の「日本の暮らし」を描きながら、再定義してきました。

このような想いの輪が広がることが、未来に向けての「豊かな国土づくり」に繋がると信じています。

NIPPONIAの使命

私たちは、歴史的建築物の活用を起点に、その土地の歴史文化資産を尊重したエリアマネジメントと持続可能なビジネスを実践します。

たたみ、土間、縁側、客間、いろり、おくど、井戸、薪炭、里山、在来作物、伝統食、陶磁器、漆器、和紙、布、木工、家具、虫の音、鳥の声、闇、畏敬の念、五感、祈り、土地の神様、集落、商店街、まつり、子ども、家族、コミュニティ……日本社会が捨て去ろうとしているものに、もう一度、光を当てること。

そのことを、空き家となった古民家や文化財の活用から始めること。時間を湛えた空間をつくること。その職人がいること。そのこと自体を地域の産業とすること。

消滅に向かう歴史的な集落や町を地域のクリエイティブなコアに反転させること。私たちの国土を見捨てないこと。

NIPPONIAの価値

郷にいること。

農地と集落と里山と。お城と城下町と田園と。私たちは、緑の山々に囲まれたこの土地、悠久の歴史と文化が漂うこの町と巡り会って、いま、ここで暮らしています。先人たちは、この土地を住み処とし、ともに生きることを「定め」のように考えて暮らしたのではないかと思います。現代の私たちはもっと自由で、私たちに先人のような覚悟がある訳ではありません。

けれども、私たちはこの土地にあって、人々の日々の暮らしを書き留めることで、この土地の歴史と文化を受け取り、未来に継承していくことにしました。夕餉の煙や秋祭の幟、山の端にかかる月や稲田を吹きわたる風、そのような風景に棲む何ものかの気配……都市化のなかで日本人が忘れ、失おうとしているものをこの土地で見つけたからです。

私たちは、「郷にいること」で、ともに生きること、自然とともにあることの意味を見つめ直していきます。そして私たちは、同じような気持ちを抱いている人たちが、互いにつながっていくことを願っています。この国が誇りと寛容を取り戻し、再び、豊穣の歴史を紡いでいくことを願っています。

私たちの約束

NIPPONIAが大切にする
5つの約束

NIPPONIAの価値は「郷にいること」。その現場に居て現実を受け止め、その現場で思考し、その現場で活動することが価値であると考えています。そのとき、次の5つの約束を活動の指針(判断基準)としています。

LANDSCAPE

原風景の未来を創ります

原風景の現状を把握し、地域を耕し、未来の原風景(人、自然、景観、行事、暮らし)を再創造していきます。

COMMUNITY

関わる誰もが村人です

移住者を含む地域住民を主役にして、そこに滞在者、関係事業者が加わって、ひとつのコミュニティを形成していきます。

ARCHITECTURE

文化財群を守ります

古民家などの未指定文化財も含めた「文化財」を面的に保存・活用し、継承していきます。その技術と職人を養成していきます。

CULTURE

食と生活文化を大切にします

地域で育まれてきた食文化と生活文化の価値を掘り起こし、表現し、提供していきます。その技術と職人を養成していきます。

ECONOMY

地域の営みを百年先に繫ぎます

原風景を、コミュニティを、文化財群を、食と生活文化を経済的な価値に転換して、持続可能で内発的な産業にしていきます。

私たちのブランド

NIPPONIAの3つのブランド

「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる」という理念を共有する仲間が全国にいます。その仲間たちとNIPPONIAの活動を広げていくため、次の3つのブランドを展開しています。

NIPPONIA

オーセンティックな日本の暮らしが営まれている場所。宿泊施設では集落などの住民がおもてなしします。

集落丸山
大屋大杉

NIPPONIA HOTELS

その土地の歴史や文化を体感できるホテル。プロのホテルパーソンがサービスを提供します。

篠山城下町ホテルNIPPONIA
竹田城城下町ホテルEN
NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち

NIPPONIA CERTIFIED

NIPPONIAと想いを共にする地域の施設。宿泊施設、レストラン、カフェ、ショップ、工房、オフィスなど、NIPPONIAの想いや約束に基づき認証しています。

私たちの活動

トータルなエリアマネジメントを、
探求し、事業し、活動する。

NIPPONIAは、多様なバックグラウンドを持つ専門家や組織の連携を通じて、調査から計画、開発、運営まで、トータルなエリアマネジメントを実現しています。エンドユーザーが宿泊・田舎体験・短期滞在・長期滞在するところまで、その活動を広げています。

エリア開発事業の
企画・計画策定

具体的なエリア開発事業の実施に向け、地域資源調査、開発コンセプトの設定、空き家調査、改修プランの作成、資金計画・収支計画の作成等を行います。自治体等からの委託事業も受けています。

事業体(ビークル)組成

具体的なエリア開発事業の実施に向け、エリア開発を担う事業体(ビークル)を組成します。ビークルは、一般に、地域の有志と外部人材で組織します。必要に応じて株式会社NOTEも参画しています。

キャピタルデザイン
(資金調達)

事業計画に沿って資金調達を行います。資金調達は、観光系ファンドと銀行融資、その組合せが基本となりますが、地元企業などのスポンサードも期待できます。事業の初動期には補助金導入も有効です。

事業者マッチング

事業計画に沿って事業者を誘致します。改修した古民家等に入居して、ホテル、レストラン、カフェ、工房、デザインオフィス等を営業するクリエイティブな企業、個人をマッチングします。

調査・研究

古民家等の活用による地方創生事業は、日本社会における新しい事業分野です。その土地の歴史文化に根ざして地域の未来を拓く。その事業の理念、理論、手法について調査・研究を行います。

制度設計・政策提言

古民家等を活用した分散型エリア開発事業について制度設計に取り組み、政府や自治体に対して政策提言を行います。これまで、建築基準法、旅館業法、文化財保護法等の改正を実現してきました。

私たちの仲間

トータルなエリアマネジメントを実現するための仲間が
全国各地にいます。

NIPPONIA協会

NIPPONIAの理念を共有する全国の事業者が、連携・交流して活動の輪を拡げていきます。

NIPPONIA大学

全国各地の「歴史的建築物を活用したエリア開発事業」に携わる人材を育成します。

パートナー

NIPPONIAと想いを共にして活動するパートナーがいます。

沿革

  • 2009年2月

    一般社団法人ノオト 設立

  • 2009年10月

    集落丸山・ひわの蔵(篠山市丸山) オープン

  • 2010年3月

    篠山ギャラリーKITA’S(篠山城下町) オープン

  • 2013年11月

    旧木村酒造場EN(朝来市) オープン

  • 2014年4月

    豊岡1925(豊岡市) オープン

  • 2014年6月

    地域資産活用協議会(Opera) 結成

  • 2015年10月

    大屋大杉(養父市) オープン

  • 2015年10月

    篠山城下町ホテル NIPPONIA(篠山城下町) オープン

  • 2016年3月

    株式会社NOTE 設立

  • 2018年4月

    佐原商家町ホテル NIPPONIA オープン

  • 2018年9月

    NIPPONIA大学 開校

  • 2018年10月

    福住宿場町ホテル NIPPONIA オープン

  • 2018年11月

    NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち オープン

  • 2019年5月

    地域資産活用協議会をNIPPONIA協会に改称