戻る

小菅 源流の村 - 山梨県北都留郡小菅村

700人の村が一つのホテルに 小菅 源流の村

東京から約2時間、多摩川源流に位置する山梨県小菅村の現在の人口は約700人。

その人口減少や空き家問題などを解消するため、「700人の村が一つのホテルに」を合言葉に分散型ホテルのプロジェクトに取り組んでいます。村内の道路やあぜ道を「ホテルの廊下」、道の駅を「ラウンジ」、村内にある温泉施設”小菅の湯”を「大浴場」と見立てて、村内の経済や交流の活性化を目指しています。

NIPPONIAの役割

  • 地域計画
  • 事業計画
  • 開発マネジメント
  • 資金調達支援
  • 事業者誘致
  • 建設計画・設計
  • マーケティング・PR
  • 運営支援

このプロジェクトのポイント

村全体で一つのホテル

「NIPPONIA 小菅 源流の村」への宿泊者は「小菅の湯」に無料でご入浴いただくことができたり、電動アシスト付き自転車を無料で貸し出ししたりと、村全体を楽しむための取り組みがなされています。

季節を食するレストラン

日本の「四季」をさらに6つに分けた「24sekki(二十四節気、にじゅうしせっき)」を料理のコンセプトとし、シェフが二十四節気毎に旬の食材を厳選し、創作和食を提供しています。もちろん小菅村の小生産者が作る食材を使っています。

小菅村の住民によるおもてなし

集落丸山などと同様に「地域運営方式」を採用しています。移住者の夫婦が中心となり、地域住民と連携して日々の運営を実現しています。

本地域に関連する施設などのご紹介

NIPPONIA 小菅 源流の村
小菅村にある地域を代表する建物を宿泊施設としました。ご予約も上記webサイトから行っていただけます。

こ、こすげぇー
小菅村在住の村民が「村民ライター」として、小菅村の見どころや村での生活を紹介しているwebサイトです。

小菅の湯
小菅村の中心に存在する温泉施設。NIPPONIA 小菅 源流の村と連携しており、宿泊者は無料でご利用いただけます。

NIPPONIAが実現したこと

  • 地域運営方式
  • 地域資産の観光への活用
  • 地場産食材を活用した直営レストランの併設
  • 関東地方初となるNIPPONIA

Photo Gallery

このエリアの個別プロジェクト

NIPPONIA 小菅 源流の村 細川邸

細川邸は150年以上前に建てられた合掌造りの古民家です。かつての母屋と蔵はロフト付きの4タイプの客室に、長屋門はレストラン(22席)に生まれ変わりました。