篠山城下町に、ちょっと変わったバルがオープン!

今夏、篠山城下町で「西町ブリキ玩具製作所」として運営していたお店が、観光客も地元の人もみんなで集まって楽しめるお店、「西町BUR(ブル)」としてリニューアルしました!
この「BUR」、実は日によって店長が変わる、ちょっと変わった運営スタイルになっています。一体どんなお店なんでしょうか?

お店の外観は時が止まっているのかと錯覚してしまうようなレトロな佇まい。昼間は「西町ブリキ玩具製作所」、夕方になると、このまま「西町BUR」に早変わり。少し大人びた空間が誕生します。

「西町BUR」ができてからの何よりも大きな変化は、夜でも明りが点くようになったこと。

丹波篠山の城下町は、築城400年の歴史を持つ篠山城を中心に、茅葺の武家屋敷群と、瓦葺に虫篭窓が特徴的な町家が町並みを形成しており、現在でも往時の姿が残っている全国でも貴重な地域です。気の向くままに歩けば土地の歴史を随所に感じられる、そんなのどかな城下町の唯一の欠点は、夜になるとほとんどのお店が閉まってしまうことでした。
そんな城下町に、夜でもみんなで楽しく集まれる場所を増やそう!という動きが起こり、「西町BUR」のプロジェクトが始動。この夏、遂に形になり、レトロな雰囲気の中に、ちょっとだけカジュアルでお洒落な要素をプラスした、懐かしい、でも新しいバルが生まれたのです。

「西町BUR」はこんな場所
 「西町BUR」のある西町は、その名の通り城下町の一番西側に位置し、江戸時代には街道を通って城下町に来る人を迎え、旅立つ人を見送る玄関口として栄えたエリア。様々な人が出会うのにふさわしい場所にできた「西町BUR」。その名前は、元々の店舗である「西町ブリキ玩具製作所」のブリキとBARを文字って名付けられました。店内にはブリキのおもちゃや雑貨が並び、遊び心満点の工夫が色々と凝らされています。

「西町ブリキ玩具製作所」として営業していた頃から、この場所は一昔前の日本の「懐かしさ」をぎゅっと凝縮したような、子供の頃大事にしていた宝箱のような、かわいらしくて何だか落ちつく、そんなお店でした。そんな場所をバルにしたのだから、素敵じゃない、訳がない。

店内の様子はこんな感じ。向かって右側に小さな調理スペースがあります。

こちらがキッチン。ビールサーバー完備なので、いつでもキンキンの美味しいビールが飲めます♪

右側に並んでいるのはブリキのおもちゃを作るプレス機たち。まだ動かせるというのだから驚きです。

2階に続く螺旋階段がこれまたいい味出してます。

「西町BUR」では日替わり店長を募集中です!
「西町BUR」では、冒頭でも述べた通り日替わり店長制で運営しています。つまり、毎日違う店長さんに会えるということ。

この日替わり店長制度、まだ空きがあるとのことなので、現在、「西町BUR」では一緒にお店を作り上げてくれる日替わり店長さんを募集しています!
将来カフェやバーを開きたい人、料理を作るのが好きな人、新しいことにチャレンジしてみたい人、年齢や職歴に関係なく、この場所で篠山の夜を楽しみたい、という人をお待ちしております。まずはお気軽にお問い合わせください!
イベントとして利用したい、という方もご相談を受け付けています。

ご連絡は下記の連絡先にお願い致します。
「NIPPONIAのブログを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

※場所貸し。出店料あり。
※勤務時間は営業時間となる18時~22時と、その前後1時間ほど。
※食器は用意がありますが、もちろん持ち込みもOK。
※おつまみの缶詰と篠山のクラフトビールの準備があります。
※基本的に食材は全て店長の持ち込み制になります。

連絡先 NPO法人町並み家並み研究所
tel:090-7884-6651
email:tamba@green.ocn.ne.jp

小栗 瑞紀

生まれも育ちも神奈川県横浜市。就職を機に篠山へ移住し、人生初の田舎暮らしを満喫中。株式会社NOTEに勤務。古民家が好き。